院内の IT 機器のコンパクト化を推進し患者とのコミュニケーションを活性化

榊原記念病院は、デスクトップ PC の置き換えとして、入院患者のベッドサイド情報端末にはインテル® Compute Stick を、病院情報システムの入力、閲覧にはミニ PC を導入しました。また、ベッドサイドでの看護、医療、投薬時の患者とのコミュニケーションに Windows* タブレットを活用して劇的に改善することに成功しています。

榊原記念病院事例:院内の IT 機器のコンパクト化を推進し、患者とのコミュニケーションを活性化 (PDF)