ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

10

コアがかつてないパワーを実現

卓越したパフォーマンス

インテル® Core™ i7 プロセッサー エクストリーム・エディションは、最大 10 コアを搭載できるインテル最強のデスクトップ・プロセッサーです。もっと快適に、 よりハードに遊んでも、 遅延はありません。インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーが搭載されていれば、あらゆる操作を高いレベルで実行できます。遅延の無いゲームプレイで、臨場感に思う存分浸ってください。4K でもスムーズなゲーム体験が得られます。

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーの詳細

25%

4K でのゲーム、録画、ストリーミング配信を 25% 高速1 2 に並行処理

シームレスなメガタスク

最新のインテル® Core™ i7 プロセッサーのメガタスクなら、フル HD の高画質でゲームを楽しみながら、チームの皆とチャットや画面共有を行ない、その様子をライブストリーミングで配信しつつ、ゲームのクライマックスをキャプチャーし、ハイライトとして編集してから投稿する。そんないくつもの処理をシームレスに実行することができます。並行作業がゲームプレイの制限になることはありません。

 

これが PC ゲームの最先端

臨場感あふれるバーチャル・リアリティー (VR) と色鮮やかな 4K 解像度により、今までにない新感覚のゲーム体験が実現します。インテル® プロセッサーが一貫性のある高フレームレートを確保し、VR 酔いを軽減します。

 

バーチャル・リアリティーを体験する

ゲーミング PC

インテルと e スポーツ

インテルは、世界有数のプロゲームチームのスポンサーを務めています。

EDward Gaming

中国のプロゲームチーム EDward Gaming は、League of Legends* Pro League (LPL) で活躍しています。結成は 2013 年 9 月。2014 年の LPL Spring Split で優勝し、トップチームとしての地位を確保しました。中国の World Elite のメンバーによって結成されたチームです。

EDward Gaming の詳細

Cloud9

北米の Cloud9 は、急速に力を伸ばし、世界で最強の e スポーツチームの 1 つとして広く知られる存在になりました。リーグ・オブ・レジェンド*、DOTA* 2、Heroes of the Storm*、カウンターストライク*、ハースストーン*、SMITE*、スマッシュブラザーズ* において、何度も第 1 位に輝いています。

Cloud9 の詳細

ゲーム向けテクノロジー

ゲームの「今」を伝えるインテル iQ

インテルのテクノロジー・カルチャー・マガジン「インテル iQ」では、ゲームの世界に関する選り抜きの最新情報、記事、インサイトを紹介しています。

記事を読む

見逃せないゲームイベント

PC ゲームの最先端情報をご確認ください。

免責事項

1

メガタスク・ゲーム・シナリオの測定結果に基づきます (インテル® Core™ i7-6950X プロセッサーとインテル® Core™ i7-5960X プロセッサーを比較)

2

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.com/benchmarks/ (英語)を参照してください。

3

有効なデバイスが必要です。説明している機能を実現するために、ソフトウェアまたはサードパーティーのアプリケーションが必要になる場合もあります。一部の機能、またはすべての機能が使用できないことがあります。また市販されずに、開発段階に留まっている場合もあります。詳細については、販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/realsense-overview.html を参照してください。

4

警告:PC クロック/メモリー周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合、以下の事態が生じるおそれがあります。(i) システムの安定性が低下し、システム、メモリー、プロセッサーの耐用年数が短くなる。(ii) プロセッサーや他のシステム・コンポーネントの故障の原因となる。(iii) システム性能が低下する。(iv) 発熱の増加およびその他の損傷の原因となる。(v) システムのデータ保全性に影響を与える。動作周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合を含め、インテルはメモリーの特定目的への適合性に関して一切の責任を負いません。保証および追加の詳細情報については、メモリーのメーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/gaming/overclocking-intel-processors.html を参照してください。

5

演算負荷の高いアプリケーションのパフォーマンス SPEC* CPU2000/2006 は、演算処理を多用するアプリケーション・サブセットを使用してデバイスのパフォーマンスおよびスループットを測定する SPEC コンソーシアム製ベンチマークです。SPECint*_base2000/2006 は、デバイスが 1 つの整数演算タスクを処理する速度を測定するものです。SPECint*_rate_base2000/2006 は、「スループット」すなわちデバイスが一定時間に処理できる整数演算タスク数を測定するものです。OS のサポート:デスクトップ Windows*、UNIX*/Linux*、Mac* OS。

6

インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 に対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 およびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-max-technology.html (英語) を参照してください。