ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

ゲーム用 PC を思いのままに操り、究極のパフォーマンスを実現

インテルが提供する 2 つのツールで簡単にオーバークロック

プロセッサーに秘められた真の力を解放したいなら、インテルが提供している、プロセッサーと一部の DDR3/DDR4 メモリーのオーバクロックに役立つ 2 つのツールをお試しください。

  1. インテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティー (インテル® XTU) は、最新の Windows® ベースのツールであり、アンロック対応インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーのオーバークロックをサポートします。 システムのオーバークロックに必要な機能や設定に簡単にアクセスできます。1 2 消費電力、電圧、コア、メモリーの設定やその他の重要なシステム値も素早く調整できます。
  2. インテル® テクノロジーをベースにした一部の DDR3 メモリーのオーバークロックでは、インテル® エクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル® XMP) を活用することで、オーバークロックがさらに容易になります。

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載のゲーム向けデスクトップ PC を購入 ›

ゲーム向けのアンロックおよびオーバークロック対応インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー

プロセッサー、RAM、マザーボードを定格以上の周波数でオーバークロックすることで、ゲームに最適な性能を確立できます。2 アンロック対応インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで、オーバークロック・ツールキットを利用すると、プロセッサー・コアのマルチプライヤーを変更するなど、パワフルな機能でシステムを自由にチューニングできます。柔軟性に優れた究極のオーバークロックを手にした今、可能性は無限大です。

インテル® テクノロジー搭載のゲーム向け PC で究極のパフォーマンスを体験 ›

アンロック対応インテル® Core™ i7 プロセッサー エクストリーム・エディション

無限の可能性を秘めた、妥協を知らない究極のアンロック対応プロセッサーで、ゲームの競争相手を圧倒しましょう。2 インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 3インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー1、オーバークロックなど、最新機能が組み込まれたインテル® Core™ i7 プロセッサー エクストリーム・エディションは柔軟性に富むうえに、圧倒的な高性能を誇ります。ゲームを最高の状態で楽しむための PC 性能を求めているユーザーにとって、これこそが究極のマシンです。

インテル® Core i7 プロセッサー エクストリーム・エディションの詳細 >

アンロック対応インテル® Core™ i7 プロセッサー

ゲーム環境に最適なプロセッサーというだけでなく、ゲームとストリーミングを同時に実行したり、ゲームの様子を撮影したビデオや写真の編集もこなしたいなら、パフォーマンスを重視したフラッグシップ、インテル® Core™ i7 プロセッサー・ファミリーが最適です。クアッドコア・ベースで動作周波数 4GHz、8MB のキャッシュメモリーを搭載し、最大 64GB の DDR4 RAM メモリーに対応しています。さらに、アンロックにも対応1 しているので、パフォーマンスを限界まで引き出すことができます。


インテル® Core™ i7 プロセッサーの詳細 > 

アンロック対応インテル® Core™ i5 プロセッサー

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーの中で最も人気の高いプロセッサーもアンロックに対応しました。インテル® Core™ i5 プロセッサー・ファミリーは、素晴らしいパフォーマンスと臨場感あふれるビジュアル体験を提供します。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 で、必要に応じて自動的に動作周波数を引き上げます4。プロセッサーに内蔵された多彩なビジュアル強化機能により、ハードウェアを追加することなく、ゲームや映画、写真をシームレスでなめらか、そして鮮明なビジュアルで楽しめます5。インテル® Core™ i5 プロセッサーをアンロックして、全く新しい PC 体験を満喫してください。

インテル® Core™ i5 プロセッサーの詳細 > 

#ExpertMode:シリーズ

ExpertMode は、究極の PC とそれを作り上げる情熱的なアーティストたちを紹介する全 6 話のシリーズです。

免責事項

1

一部のインテル® Core™ プロセッサーで利用できます。インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーに対応したシステムが必要です。各 PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html を参照してください。

2

警告: 動作周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合、以下の事態が生じるおそれがあります。(i) システムの安定性が低下し、システム、プロセッサー、他のシステム・コンポーネントの耐用年数が短くなる。(ii) プロセッサーや他のシステム・コンポーネントの故障の原因となる。(iii) システム性能が低下する。(iv) 発熱の増加およびその他の損傷の原因となる。(v) システムのデータ保全性に影響を与える。インテルでは、仕様の枠を超えたプロセッサーの動作についてはテストしておらず、保証も行いません。インテルでは、業界標準仕様の枠を超えた他のシステム・コンポーネントの動作についてはテストしておらず、保証も行いません。クロック周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合を含め、インテルはプロセッサーや他のシステム・コンポーネントの特定目的への適合性に関して一切の責任を負いません。

3

インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 に対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 およびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-max-technology.html (英語) を参照してください。

4

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。 各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。 詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

5

すべての PC 上でインテル® クリアー・ビデオ HD テクノロジーが有効になっているわけではありません。最適化されたソフトウェアを必要とすることがあります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細は、http://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/visual-technology/intel-visual-technology-consumer.html を参照してください。