タブレットの導入で実現した検診ワークフローの改善と業務の効率化

インテル® Atom™ プロセッサー搭載のタブレットを活用した検査機器連携と、IC カードによる受診者認証の仕組みを導入。検査技師や職員の業務効率の大幅な向上に加え、検体取り違えの危険性や結果の誤入力がなくなり、データの管理精度も飛躍的に向上。検診時間も短縮され受信者サービスの向上に貢献。