よりインテリジェントで電力効率の高い未来のために

今は、接続された時代のための電力の生成、伝送、配電、および消費について考え直すときです。新しいエネルギー源、環境および規制の要因、また新しい消費需要は、電力グリッド (配電網) にデジタル化、標準ベース、自動化、および相互運用可能なインフラストラクチャが必要なことを意味しています。

電力グリッドの近代化には、生成と伝送から配電や消費までエンド・ツー・エンドの接続性、信頼性、およびセキュリティーの確保が必要です。 

インテルは、McAfee および Wind River とともに、統合された、スケーラブルなハードウェアとソフトウェアのソリューションを提供して、既存の電力インフラストラクチャと統合し、従来の IT と運用の間に橋をかけることで、データを知識に変え、グリッド全体でインテリジェンスを統合して、業界最大の課題を解決します。

インテルのグリッドに関する洞察ブログ

Re-Assessing the Risk for the Energy Sector (エネルギー部門向けのリスクの再評価)

OT (Operational Technology) 環境で機密データを保持する重要性

記事を読む

Smart Cities Defined(スマートな都市とは)

多くの都市は、テクノロジーによりリソースの割り当てと住民のニーズへの対応を改善しています。

記事を読む

Mobile GIS? (モバイル GIS とは) これまで聞いたことがありません

モバイル GIS (地理情報技術システム) は、万能サイズにするのではなくカスタマイズする必要があります。

記事を読む

Twitter で Intel in Energy に接続