ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

はじめに

インテル® Atom™ プロセッサー E3800 製品ファミリーおよびインテル® Celeron® プロセッサー N2807/N2930/J1900

以前の Bay Trail

インテル® Atom™ プロセッサー E3800 製品ファミリーは、インテリジェント・システム用に設計された初のシステム・オン・チップ (SoC) です1。広範な熱的条件で動作しながらも、演算能力、グラフィックス能力、メディア能力に極めて優れています。マイクロアーキテクチャー「Silvermont」をベースとし、インテルの業界最高レベルの 22 nm プロセス・テクノロジーで製造する 3D トライゲート・トランジスターを利用していますので、演算能力と電力効率が大きく向上します。1

高い I/O 接続性、統合メモリー・コントローラー、仮想化、エラー訂正コード (ECC) 機能、ビルトイン・セキュリティー機能といったさまざまな特長を、5 W ~ 10 W の熱設計電力 (TDP) で実現しています。2

インテルのエンベデッド機器向け製品ロードマップには、同じマイクロアーキテクチャーをベースとする、インテル® Celeron® シリーズの SoC が 3 つ上がっています。いずれも産業用温度範囲には適応せず、ECC も搭載しませんが、機能および消費電力当たり性能に関する利点は Atom シリーズと多く共通していますので、シンクライアント、小売店用取引端末、デジタルサインなど、PC に似た設計には理想的です。3

ディスカッション

i

リソース & デザインセンターの内容

免責事項

1

記述は、旧世代のインテル® Atom™ プロセッサー向けマイクロアーキテクチャーとの比較に基づきます。

2

熱設計電力枠に関する記述は、2013年10月発行の資料『インテル® Atom™ プロセッサー E3800 製品ファミリー:熱設計ガイド』に記載されているデータに基づきます。詳細については、http://www.intel.com/content/www/us/en/intelligent-systems/bay-trail/atom-e3800-m-d-i-soc-thermal-design-guide.html (英語) を参照してください。

3

記述は、旧世代のインテル® Celeron® プロセッサー向けマイクロアーキテクチャーとの比較に基づきます。