• <Intel.co.jp のその他の情報

エンベデッド・イノベーションを実現するインテル® インテリジェント・システム

エンベデッド・イノベーションの新たな世界を実現する

インテリジェント・システム

エンベデッド・イノベーションの新たな世界を実現する

世界は今、コンピューターの時代からコンピューティングの時代へと劇的な変化を遂げている真っ最中です。現在、何十億ものインテリジェント・デバイスが相互に接続され、その接続点の数は 1 兆を超える勢いです。コンピューティングは我々の生活のあらゆる面に取り入れられ、途方もない量のデータが生成され、これまでにないチャンスを実現しています。

こうした変化により、企業にとっても消費者にとっても同様に、新たなユーザー体験が可能となり、生産性が上がり、安全性が向上し、効率が改善されます。オーナーを認識する車から、夕飯の献立を考えてくれるスーパーマーケットの陳列に至るまで、デバイスは、ますます接続される機会が増え、状況に応じた反応ができるようになり、我々のニーズをよく汲んでくれるようになりつつあります。 

組み込み機器市場セグメントも同様に、決まった機能を持つ独立した従来型のエンベデッド・システムから、新たなカテゴリーに分類されるインテリジェント・システムへと移行している最中です。インテリジェント・システムでは、クラウドやデータセンターとやりとりする情報量が劇的に増えるとともに、ユーザー体験も大幅に強化されます。

インテリジェント・システムの可能性

調査会社 IDC の予測によれば、2015 年までに、相互接続された何十億台ものデバイスの 3 分の 1 以上がインテリジェント・システムになります。これは、台数で言えば約 40 億台、見込める収益で言えば 2 兆ドル超に相当する市場です。1

さらに、「モノのインターネット (Internet of Things)」においては、データに非常に大きな価値があります。機械によって生成されるデータと、ユーザーの作成するデータの両方を利用し、組み合わせることで、生活が改善され、信じられないほど生産性が上がり、産業を変化させるような新たなサービスの生まれる可能性が創出されます。

「モノのインターネット」をシンプル化する

「モノのインターネット」の持つ究極の可能性を実現するためには、センサー・コントローラーから、エッジ・ゲートウェイ、クラウド、クライアントに至るまで、システムのあらゆる段階で得られるデータから価値が引き出せなければなりません。企業がこうしたチャンスを活かすためには、多種多様なソースから得られる大量のデータを、付加価値のある情報に変換できるツール、テクノロジー、プラットフォームが必要です。

こうしたニーズに対し、インテルは、規模の大小にかかわらず同じ方法で容易にデバイスの接続、管理性、セキュリティーを確保できる一連の相互運用可能なソリューション「インテル® インテリジェント・システム・フレームワーク」を開発し対応しています。

このインテリジェント・システム・フレームワークがあれば、OEM は、今まで相互運用性の確保につぎ込んでいた資金を、有効利用されていないデータの価値を見い出すことに利用できるようになります。このフレームワークは、コネクティビティー、管理性、セキュリティーを処理するコンポーネント (Wind River* や McAfee* のソフトウェア、ミドルウェアを含む) によって実現される基本機能を特徴としています。

エコシステムのサポート

インテルは、インテリジェント・システム・フレームワークという土台の上に、システムベンダー、ISV、システム・インテグレーター、クラウド / デバイス間サービス (アプリケーション・イネーブルメント・プラットフォーム) から成るエコシステムも構築しています。Advantech*、Arrow Electronics*、Avnet*、Axeda*、Dell*、Digi International*、Kontron*、McAfee*、Portwell*、WebHouse*、Wind River* といった企業がインテリジェント・システム・フレームワークを支えています。

インテリジェント・システム・フレームワークの重要な側面:

処理パフォーマンス

処理パフォーマンス

今日のシステムで生成されるデータは増大し続けています。そのため、ローデータから意味を取り出し、それをサービスへ変換し、最終的に企業価値へとつなげる手段として、今まで以上に強化されたパフォーマンスとワークロードへの需要が増えています。

この需要を満たし、インテリジェント・システムによって可能となる新たなチャンスを実現するため、インテルは、低消費電力のインテル® Atom™ プロセッサーから、高性能のインテル® Xeon® プロセッサー・ファミリーに至るまで、電力効率性能に優れたさまざまなプロセッサーを提供しています。

管理性

管理性

インテリジェント・システムでは、何百万台というデバイスがネットワークに接続され、多くの場合、それぞれが互いに離れて点在しています。そのため、投資収益率 (ROI) を最大化して、総保有コスト (TCO) を低く保つためには、信頼性、高い可用性、アップグレードの容易性が必要です。インテルは、ハードウェアベース、ソフトウェアベースの管理ソリューションを各種提供しています。インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリーには、インテリジェントな管理機能、仮想化、プラットフォーム・セキュリティーのための統合ハードウェア・サポートも用意してあります。

管理性機能について詳しく知る >

セキュリティー

セキュリティー

インテリジェント・システムで処理するのが個人的なデータであろうと企業データであろうと、最も重要なのはセキュリティーです。多くの業界で、価値の高いアプリケーションのミッションクリティカルな役割を演じているのは、自動化されたインテリジェント・システムです。インテルは、インテリジェント・システム、アプリケーション、データを確実に保護する手段として McAfee® 製ツールなどのセキュリティー・ソリューションを提供しています。同社は、インテルの完全所有子会社であり、世界最大のセキュリティー専門企業です。

エンベデッド・セキュリティーの詳細 >

ネットワーク・コネクティビティー

接続

接続されるインテリジェント・システムの数は、今後 10 年間で 400 パーセント成長して、デバイス数は 200 億以上になると予想されています。多種多様なデータによってネットワークに対する需要がますます増えるため、データ・トラフィックは今後 10 年間で 200 倍に成長すると見込まれています。

インテルは消費電力当たりの性能を絶えず改善しており、インテル® プロセッサーを使えば、インテリジェント・システムでの接続が容易になるばかりか、一般事業者およびネットワーク事業者はネットワークの端々にまでインテリジェントな要素をもたらすことができます。インテルは、ワイド・エリア・ネットワーク、Wi-Fi、移動体通信などから成る異種混在ネットワークのためのコネクティビティー・ソリューションを提供しています。

インテル® コネクティビティー・ソリューションを見る >

あらゆる業界に対応するインテルのイニシアチブ

以上に述べたインテル® ソリューションは、戦略的パートナーシップや専任の研究・設計チームとともに、小売、自動車、ヘルスケア、製造、通信、エネルギーといった各市場セグメントにおけるインテリジェント・システム・ベンダーおよびサービス・プロバイダーが成功するための基盤となっています。下にいくつか例を示します。他の市場セグメントのアプリケーションに関する技術情報については、インテル® エンベデッド・デザイン・センターにアクセスしてください。

車載機器

車載機器

運転中でも、情報が得られ、娯楽の手段が提供され、時間が有効に活用できるよう、インテルは斬新な手段で自動車産業とともに取り組んでいます。 

インテルと自動車産業とのコラボレーションについての詳細 >

インテル キャピタルのコネクテッドカー基金 (ネットワーク接続車両のためのインテルの投資基金) について知る >

小売

小売

インテルは現在、リテール ソリューションの有数のデベロッパーである HP、NCP、NEC などとともに、顧客エンゲージメントの向上、指標の強化、利益の押し上げ、コストの低減の面で小売業者を支援する新たなテクノロジーを提供しています。

ビデオ: 「コネクテッド・ストア」の小売体験 (英語) >

さまざまなブランドおよび小売環境のためのインテル・ソリューションについて詳しく知る >

ネットワーキング/通信機器

ネットワーキング/通信機器

インテル® IA アーキテクチャーは統一性が高いため、サービス・プロバイダーは、柔軟性に富み、拡張可能なエンベデッド・ソリューションにより、新たなサービスや新たな体験に対する需要を満たすことができます。

ホワイトペーパーを読む: 通信の未来に無限の可能性を >

未来をつかむ

何十億ものインテリジェント・システムの急増は、とてつもない成長のチャンスを生み出します。インテルは現在、開発リソースと、イノベーションの加速に必要なエコシステムとを補足的に用いながら、処理、コネクティビティー、管理、セキュリティーの各ソリューションとともに、2 兆ドル成長のチャンスを加速するための重要なソリューションを提供しています。 

情報配信

ご登録いただいた方には、インテリジェント・システムにおけるインテル® のイノベーションに関する最新のニュースと情報をお届けします。

登録はこちらから >

免責事項

open

1. INDUSTRY DEVELOPMENTS AND MODELS (業界の開発とモデル) Intelligent Systems:The Next Big Opportunity (インテリジェント・システム:次のビッグチャンス)、IDC 2011