思考スキル: 考える方法や技術

 

思考スキル: 考える方法や技術

こんな授業の様子を思い浮かべてみてください・・・

「私もそう思います。この本に出てくる男の子は、その犬を盗むという考えは名案だったと思っていました。でも、もし私の犬が盗まれたら悲 しくなると思います。きっとこの飼い主も悲しいはずだけど、本には書いてないから私達にはわかりません。」という児童のいる小学1年生のクラス。

「この国に不法入国、不法滞在する人を許すべきではないっていう君の意見に以前なら賛成していた。でも、今日の新聞記事を読んでから、その意見が正しいのかどうか確信が持てなくなったんだ。」と述べる児童のいる小学6年生のクラス。

「このウェブサイトにはあまり信憑性がありません。サイト作成者は医学部を卒業したとあるけれど、どの大学か明記されていませんから。」と疑問を抱く生徒のいる高校1年生のクラス。

このように、“考えること”を重要視し、真実を求め、真実を見出すために必要なスキルを持つ生徒達がいるクラス。そのようなクラスの担任は、生徒が良き思考者に育つために必要な情報やその過程に精通しているものです。

思考構造 >
ハワード・ガードナー、ベンジャミン・ブルーム、ロバート・マルツァーノ といった教育者達は、思考の構成要素を表す様々な方法を打ち出しました。それらが、目的に応じた様々な思考をどのように説いているかをご説明します。

高度な思考スキル >
内容の理解を深めるために、生徒は、分析、知識の活用、メタ認知といった高度な思考を習得しなければなりません。これらのような複雑な思考の詳細を学び、小学校や中学校そして高校ではそれらがどのような形で利用されているかを見てみましょう。

信念と学習態度 >
生 徒に思考スキルを指導することはできても、思考を強要することはできません。心理学者のアーサー・コスタ、べナ・キャリック、シャリ・ティッシュマン、エ レン・ランガーらは、感情が思考に与える影響にはどのようなものがあるかを研究しました。学習態度と思考の関係について見てみましょう。

思考支援 >

深く、かつ注意深い思考のために必要な技能を伸ばすためには、批判的思考(クリティカル・シンキング)や問題解決を要するプロジェクトに参加しなければなりません。どのような教室環境や指導方法が生徒の良い思考習慣を育成するために最適かを学びましょう。

思考スキル: 考える方法や技術