カリキュラム構成質問

カリキュラム構成質問

的確な質問をする

興味をそそる自由回答式の質問をすることは、生徒に深い思考を促し、学習に意味を示すのに効果的な方法です。本当に関心を持って答えを探るような質問を与えられれば、生徒は真剣に取り組みます。質問によって、その題材と自分自身の生活の間に関係があることがわかれば、学習に意味がもたらされます。的確な質問を投げかけられることによって、生徒は動機づけられ、自主的に学習するようになります。では、的確な質問とはどのようなものでしょうか。

カリキュラム構成質問は、プロジェクトの中で質問を組み立てるための構造を提供し、あらゆるレベルでの思考を促します。また、プロジェクトにおいて、学習内容の理解と興味を促す持続的思考の間のバランスをとり、生徒が、その学習を自分にも関係があるものだと考えられるようにします。カリキュラム構成質問はその単元での学習を導くものであり、本質的質問、単元質問、内容質問からなります。

本質的質問と単元質問は、学習を理論的に説明します。これらの質問は、生徒が「なぜ」や「どのように」を認識するのを手助けし、探求、議論、および研究を奨励します。また、生徒が学んだことを自分のものにして、トピックへの洞察を展開するようにします。優れた本質的質問と単元質問は、生徒にクリティカル・シンキング(批判的思考法)を行わせ、好奇心を刺激して、カリキュラムに対して問題意識を持って臨む能力を育成します。このような質問に答えるために、生徒はトピックを徹底的に調べ、自ら収集した情報に基づいて自分で意味と答えを構成しなければなりません。 

内容質問は、生徒が「だれが」、「何を」、「どこで」、「いつ」を特定するのを手助けし、詳細を理解するための最重要事項を提示することによって、本質的質問と単元質問の答えを考える際の基礎となります。内容質問は、指導要領の内容や学習目標を達成するために必要な事柄に生徒の注意を向けさせます。

カリキュラム構成質問の活用

カリキュラム構成質問は、3種類の質問が相互に依存しています。内容質問は、単元質問と本質的質問を支えます。本質的質問は多くの場合最も興味をそそる質問であり、最初に課されます。各質問の関係を示す例として、公民の単元から質問を引用します。

本質的質問

  • 私たちはなぜ他者を必要とするのですか。

単元質問

  • 私たちが住んでいる地域の地域ボランティアのうち、どれが最も重要ですか。  
  • あなたが一番やってみたい地域ボランティアは何ですか。

内容質問

  • 地域ボランティアのうち知っているのはだれですか。 
  • 地域ボランティアは何をしますか。

本質的質問:

  • すべての教科にわたる、幅広く永続的な思考を導入します。多くの単元、対象分野、またはその 1 年で勉強しておく価値のあることの橋渡しをします。
  • 答えはさまざまです。このような質問への答えは本に書かれていません。人生の大きな問題であることも多いです。例えば「私は兄弟の世話係なのでしょうか」などです。  
  • 生徒の注意を引きつけて、高度な思考を要求します。このような質問は、生徒に対し、自分の考えを分析して、価値観を適用し、自らの経験を解釈するように求めます。

単元質問:

  • あるトピック、教科、または学習単元に特化した、自由回答式の思考の探求を促す質問です。教科の異なる教師がチームを組んでそれぞれ独自の単元質問を使用し、チームで共通する 1つの本質的質問に対応させる、というようなことができます。 
  • 問題を提起したり、本質的質問に結びつけたりして、議論の出発点の役割を果たします。例えば「飢餓を防いだり、飢餓から人々を救ったりするにはどうしたらよいのでしょうか」などです。 
  • 探求を奨励し、興味を刺激して持続させ、ユニークな反応や創造的アプローチを許容します。このような質問は、生徒が事実に対して自分自身の解釈をするよう求めます。

内容質問:

  • 通常は、明白な答えまたは決まった「正解」があり、「クローズ」質問として分類されます。 
  • 指導要領や学習目標に沿っており、本質的質問および単元質問を考える上で基礎となります。  
  • 生徒が事実に基づく情報をどれだけ思い出せるかをテストします。通常は、「だれが」「何を」「どこで」「いつ」そうしたかを考えさせます。例えば「飢餓とは何ですか」などです。
  • 答えを出すためには、知識と理解のスキルを必要とします。

参照文献

Wiggins, G. and McTighe, J. (2001). Understanding by design. New Jersey: Prentice-Hall, Inc.

学習のための質問

幅広い思考を促す質問を考案して授業に導入する方略を探ります。 

質問を使って学習を促す >
良い質問を考案する >
効果的な質問の実践 >