• <検索へ戻る

Intel ISEF Educator Academy

Intel ISEF Educator Academy は、Intel International Science and Engineering Fair と連動して、Intel が拠点を置く世界中の地域から教育関係者や政府関係者が集まり、グループに分かれて、科学と数学の課題研究に生徒を引き込むための、実証的かつ革新的な手法を検討・共有します。

 

科学と数学、両分野の教育者の連携

5 日間にわたって開催される Intel ISEF Educator Academy では、著名な教育関係者がワークショップを開き、生徒による課題研究や、プロジェクト型の学習方法、またその他科学と数学の課題研究に生徒を引き込むため の実証された方法について検討・共有します。

さらに、経験豊かな科学フェアの主催者が、リソースを公開し、科学フェアに参加する生徒の管理、編成、準備に関する有益な情報を提供します。

Intel ISEF Educator Academy に参加することで、次のような人々とのグローバルなネットワークを構築することができます。

  • 教育省庁の職員
  • 科学フェアの関係者
  • 大学、学会、職業団体関係者
  • 生徒中心型の学習に精通した教師
  • 科学コーディネーター、教育およびカリキュラムの専門家
  • 生徒による研究の指導者

 

過去の Educator Academy の行動計画

行動計画では、Educator Academy で習得した事項を、各チームが現場でどのように応用するかが明らかにされています。
この行動計画には、目的と目標のほか、目標達成に必要な行動、測定可能な成果や責任の割り当てなどが記載されています。

コロンビアの行動計画 >
[英語 : PPT 形式]

コロンビア国内では、科学フェアは開催されていません。2007 年に Educator Academy に参加したチームは、科学フェア開催に対する政府の支援を獲得することを主眼にした行動計画を策定しました。

マサチューセッツ州の行動計画 >
[英語 : PPT 形式]

この行動計画は、2005 年の Educator Academy チームが開発した「Blueprints for Science」カリキュラムを州全体に適用することが目標とされています。

サウジアラビアの行動計画 >
[英語 : PPT 形式]

サウジアラビアのチームは、今後 3 年から 5 年のうちに、学校単位、地域レベル、そして国レベルの科学フェアを政府主催で開催することを目標としています。このチームの計画では、科学教育と科学フェアを向上させるためのステップが主体になっています。

 

Intel ISEF の伝統としての文化的交流

ピンバッジの交換は、Intel ISEF の伝統的なイベントです。
Intel は、Education Academy のすべての参加者に交換用のピンを 25 個配布しています。
また多くの参加者が、自国で作成したオリジナルのピンを持ち寄って交換しています。