ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

インテル史上最高のデスクトップ・コンピューティング。

デスクトップ PC の購入

ツールはいろいろ。デバイスは 1 台。

一体型デスクトップ PC は、高速の処理能力と大画面モニターをスタイリッシュで省スペースなデバイスに統合します。

詳しくはこちら

タワーがなくてもこのパワー

ミニ PC は、どんな場所にもフィットする小型で省スペースなデザインで、強力なデスクトップ PC 並みの性能を提供します。

詳しくはこちら

豊富な機能

ゲームでも、通常のコンピューティング作業でも、インテル® プロセッサー搭載のタワー型 PC は、複雑な処理を楽々処理するパフォーマンスに加えて、大容量のローカルストレージ、ハードウェア内蔵のセキュリティー、カスタマイズ可能な多彩なパッケージを提供します。

つながる。コンピューティング。楽しむ。

インテル® プロセッサーを搭載する多機能 Compute Stick は、HDTV の機能をスマート TV へと拡張し、大画面を使ったビデオのストリーミング、Web サーフィン、電子メール、ソーシャルメディアの閲覧を可能にします。

詳細を表示する

かつてない豊富な選択肢

どんなニーズでも、第 7 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載のデスクトップ PC があれば、最高のソリューションが見つかります。

31%

5 年前のデスクトップ PC と比較してオフィスの生産性が向上1 2

限界をはるかに超える

インテル製品搭載のデスクトップ PC が処理スピードをさらに加速することで、待ち時間が減り、その分だけ作業の時間が増加します。

66%

5 年前のデスクトップ PC と比較してメディア編集パフォーマンスが向上3 2

創造性を引き出す

最新のインテル® プロセッサーを搭載したデスクトップは、旧型 PC に比べて、音楽の作曲、写真のリタッチ、ビデオ変換などを 2 倍の速さで処理できます。必要な時間を生み出すスピードを手にしよう。

51%

5 年前の PC と比較して Web パフォーマンスが向上4 2

自分の経験を共有する

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーなら、古い PC と比較してデスクトップ PC の Web パフォーマンスが最大 51% 向上し、写真編集、アルバムの整理、ローカルノートの作成をより楽しむことができます。

新しいビジュアル・テクノロジー世界の到来

第 7 世代インテル® Core™ プロセッサー搭載の新型デスクトップは、鮮やかなグラフィックス機能によって、比類のないエンターテインメントとゲーム体験を生み出します。

35%

3 年前のデスクトップ PC と比較して 4K 360 度コンテンツ制作が高速化5 2

36%

3 年前のデスクトップ PC と比較して 3D グラフィックスが向上6 2

35%

3 年前のデスクトップ PC と比較して 4K ビデオのトランスコーディングが高速化7 2

その他のインテル® テクノロジーの詳細

関連ビデオ

免責事項

1

SYSmark* 2014 は BAPCo* コンソーシアムのベンチマークで、Windows* プラットフォームのパフォーマンスを測定します。SYSmark* では、オフィスの生産性、メディア作成、およびデータ / 財務分析という 3 つの利用シナリオがテストされます。SYSmark* には、Microsoft や Adobe などの独立系ソフトウェア・ベンダーから提供された実際のアプリケーションが含まれています。報告されている基準: SYSmark* 2014 の評価および各シナリオの評価結果 (すべての点において、値が高いほど高性能)。拡張効率: CPU に負荷がかかるものであり、周波数、コア数、メモリーの影響を受けます。QSV 有効。
システム構成: インテル® Core™ i5-7600 プロセッサー、PL1=65W TDP、4C4T、最大ターボ 4.10GHz、マザーボード: ASUS* Z270、メモリー: 2x4GB DDR4-2400、ストレージ: Seagate* HDD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。
インテル® Core™ i5-2500 プロセッサー、PL1=95W TDP、4C4T、最大ターボ 3.70GHz、マザーボード: H67、メモリー: 2x4GB DDR3-1333、ストレージ: Seagate* HDD、OS: Windows* 7。

2

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark*、SPEC CPU* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。性能やベンチマーク結果の詳細については、http://www.intel.com/performance/ (英語) を参照してください。

3

HDXPRT 2014 または High Definition Experience & Performance Ratings Test は、Windows* のメディア編集性能を測定する Principled Technologies のベンチマークです。HDXPRT の利用用途には、写真編集、ビデオ変換、音楽編集の 3 つのカテゴリーがあります。システムのパフォーマンス・テストには、一般的なメディア・アプリケーションを使用。報告される指標には総合スコアに加えて、写真編集、動画変換、音楽のサブスコアがあります。拡張効率: QSV 対応。OS のサポート: デスクトップ PC 向け Windows*。
システム構成: インテル® Core™ i5-7600 プロセッサー、PL1=65W TDP、4C4T、最大ターボ 4.10GHz、マザーボード: ASUS* Z270、メモリー: 2x4GB DDR4-2400、ストレージ: Seagate* HDD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。
インテル® Core™ i5-2500 プロセッサー、PL1=95W TDP、4C4T、最大ターボ 3.70GHz、マザーボード: H67、メモリー: 2x4GB DDR3-1333、ストレージ: Seagate* HDD、OS: Windows* 7。

4

WebXPRT 2015 は、写真の修正、アルバムの整理、ローカルノート、ストックオプション価格決定、セールスグラフ、DNA塩基配列決定など、6 つの使用シナリオで Web アプリケーションのパフォーマンスを測定する Principled Technologies のベンチマークです。WebXPRT は HTML5 Canvas 2D、HTML5 Table、HTML5 Local Storage、JavaScript* など、最新のブラウザー・テクノロジーをテストします。報告指標: 各シナリオにかかった時間 (秒数) (値が小さいほど高性能) および全体スコア (値が大きいほど高性能)。拡張効率: CPU 優位 (新しいブラウザーは GPU アクセラレーテッド)。周波数に影響を受けます。WebXPRT はブラウザーのタイプやバージョンに大きく影響を受けます。OS のサポート: HTML5 ブラウザーをサポートするすべての OS。
システム構成: インテル® Core™ i5-7600 プロセッサー、PL1=65W TDP、4C4T、最大ターボ 4.10GHz、マザーボード: ASUS* Z270、メモリー: 2x4GB DDR4-2400、ストレージ: Seagate* HDD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。
インテル® Core™ i5-2500 プロセッサー、PL1=95W TDP、4C4T、最大ターボ 3.70GHz、マザーボード: H67、メモリー: 2x4GB DDR3-1333、ストレージ: Seagate* HDD、OS: Windows* 7。

5

4K 360 Kolor* Autopano* ワークロード: ワークロードは 30 秒のビデオ 6 本で構成されます。すべてのビデオが、106MB、1920 x 1440、30Mbps、47.952fps、H.264、.mp4 コンテナーという仕様です。出力ファイルは、4096 x 2048、30fps、H.264、.mp4 コンテナー 360 度ビデオファイルです。
システム構成: インテル® Core™ i7-7700K プロセッサー、PL1=91W TDP、4C8T、最大ターボ 4.50GHz、マザーボード: ASUS* Z270、グラフィックス: NVIDIA* GTX 1080、メモリー: 2x8GB LPDDR4-2400、ストレージ: インテル® SSD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。
インテル® Core™ i7-4770K プロセッサー、PL1=84W TDP、4C8T、最大ターボ 3.90GHz、マザーボード: H97、グラフィックス: NVIDIA* GTX 1080、メモリー: 2x8GB、DDR3-1600、ストレージ: インテル® SSD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。

6

3DMark* は、DX 9/OpenGL* ES 2.0、DX 10、DX 11 のゲーム性能を測定する Futuremark* によるベンチマークです。主なテストとして、「Ice Storm」(DX 9/OpenGL* ES 2.0 用)、「Cloud Gate」(DX 10 用)、「Sky Diver」(DX 11 用)、および「Fire Strike」(DX 11 グラフィックス用) という 4 つのテストがあります。レポート対象メトリック: グラフィックス・スコア (GPU)、物理スコア (CPU)、結合スコア (GPU および CPU)、および全体的な 3DMark* スコア (いずれのスコアも、数値が高いほど良好)。スケーリング性能: グラフィックス・テストは主に GPU に関して行われますが、グラフィックスや CPU 周波数、コア数、およびメモリーによる影響を受けます。OS のサポート: デスクトップ Windows*、Android*、iOS*、および Windows* RT。
システム構成: インテル® Core™ i7-7700K プロセッサー、PL1=91W TDP、4C8T、最大ターボ 4.50GHz、マザーボード: ASUS* Z270、グラフィックス: NVIDIA* GTX 1080、メモリー: 2x8GB LPDDR4-2400、ストレージ: インテル® SSD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。
インテル® Core™ i7-4770K プロセッサー、PL1=84W TDP、4C8T、最大ターボ 3.90GHz、マザーボード: H97、グラフィックス: NVIDIA* GTX 1080、メモリー: 2x8GB、DDR3-1600、ストレージ: インテル® SSD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。

7

ワークロード・ビデオ・ファイルは、最大 1480MB、1920 x 858、最大 17.10Mbps、24fps、H.264 対応の .mp4 ビデオファイルにトランスコードした、最大 6.27GB、3840 x 1714、73.40Mbps、24fps、H.264 対応の .mov ビデオファイルです。
システム構成: インテル® Core™ i7-7700K プロセッサー、PL1=91W TDP、4C8T、最大ターボ 4.50GHz、マザーボード: ASUS* Z270、グラフィックス: NVIDIA* GTX 1080、メモリー: 2x8GB LPDDR4-2400、ストレージ: インテル® SSD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。
インテル® Core™ i7-4770K プロセッサー、PL1=84W TDP、4C8T、最大ターボ 3.90GHz、マザーボード: H97、グラフィックス: NVIDIA* GTX 1080、メモリー: 2x8GB、DDR3-1600、ストレージ: インテル® SSD、OS: Windows® 10 ビルド 1607。