申し訳ありませんが、この PDF はダウンロード形式でのみご提供しています。

インテルの歩み 1968年~ 2013年

新しいコミュニケーションのツールとしてブログや ソーシャル・ネットワーキング・サービスが多くの利 用者を獲得しています。オンライン・バンキングや オンライン・ショッピングは今や生活の一部として 定着し、感性を表現する動画や写真といったリッチ コンテンツの普及が余暇の過ごし方にも変化を与 えています。今や当たり前となったこのようなライフ スタイルの変革は、小さなマイクロプロセッサーか ら始まります。 インテルは、インテル プロセッサー・ファミ ® Core ™ リーで、ライフスタイルの変革を一層、推し進め、よ り快適で便利なパーソナル・コンピューティングの 世界を実現します。 世紀に入り、医療、教育、 21 環境といった領域でもパーソナル・コンピューティン グの利用が一層進み、社会全般で新しい価値が醸 成されました。インテルは、今後もこれら最新 ICT 技術の開発と普及に貢献し、人びとの生活やビジ ネスの変革を支援してまいります。 会社概要 インテル株式会社 商号: インテル株式会社 本店所在地: 東京都千代田区丸の内 丁目 番 号 3 1 1 設立: 年 月 日 1976 4 28 資本金: 億 千万円 4 8 株主: インテルコーポレーション 代表取締役社長: 江田麻季子 事業所: 東京本社 (東京都千代田区丸の内 国際ビル 階) 3-1-1 5 筑波本社 (茨城県つくば市東光台 )など 5-6 事業内容: 半導体を通じて、人々の仕事と生活をさらに豊 かにする先進的な技術と製品を開発、提供。主 要製品としてインテル プロセッサー、 ® Core™ i7 インテル プロセッサー、インテル® ® Core™ i5 プロセッサー、インテル プロセッ Xeon® ® Atom™ サーなどのマイクロプロセッサー製品、および フラッシュメモリー製品などを販売。 Intel Corporation(インテルコーポレーション) 会社名: Intel Corporation 設立: 年 月 日 1968 7 18 設立者: ロバート・ ・ノイス(故人) N ゴードン・ ・ムーア E (インテルコーポレーション名誉会長) 代表者: ブライアン・クルザニッチ (インテルコーポレーション O) CE 事業所: 米国カリフォルニア州サンタクララ(本社)など 決算期: 月 12 従業員数: 約 万 人 10 7,600 海外事業所: カ国以上 50 2 * 年 月末現在 2013 12 財務情報(直近 期分) 10 売上高(単位:百万ドル) 53,999 53,341 52,708 43,623 38,826 38,334 37,586 35,382 35,127 34,209 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 純利益(単位:百万ドル) 7,516 8,664 5,044 6,976 12,942 11,464 11,005 9,620 5,292 4,369 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 稀釈後 株当たり利益(単位:ドル) 1 1.16 1.40 0.86 1.18 0.92 0.77 2.01 2.39 2.13 1.89 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 研究開発費(単位:百万ドル) 4,778 5,145 5,873 5,755 5,722 5,653 6,576 8,350 10,611 10,148 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 設備投資額(単位:百万ドル) 11,027 10,764 10,711 3,843 5,871 5,860 5,000 5,197 4,515 5,207 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 0 13,0000000000000000 12,0000 11,00 10,,0000000000 98,00000000 7,,,,,,, 654321 3.0 2.5 2.0 1.5 1.0 0.5 0.0 11,000 10,000 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1,0000 12,000 11,000 10,000 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1,0000 3 技術競争力 インテルは、半導体技術の進歩に関する予測「ムーアの法則」を指針とし、 年以上にわたり技術革新を進展させてきました。ムーアの 40 法則に基づき、マイクロプロセッサー、すなわち“コンピューターの頭脳”は飛躍的に進化し、ビジネス、エンターテインメントなど、数多く の領域で生活の質や生産性を向上させました。さらに今日、教育やヘルスケア、環境分野での課題解決など、新たな領域へとその活用 の場が広がっています。 このマイクロプロセッサーは、インテルの卓越した技術競争力によって支えられています。マイクロプロセッサーの設計思想として処理能 力や電力効率の向上に寄与する革新的なマイクロアーキテクチャー、トランジスターの高集積化を可能にする先進のプロセス技術、製品 の安定供給を可能にする強力な製造能力の つが根源となって、インテルの技術競争力を織り成しています。 3 ムーアの法則( w) Moore's La トランジスター数 10,000,000,000 年 月 日、米 誌は 1965 4 19 Electronics Magazine プロセッサー Xeon® E7 1,000,000,000 「集積回路の集積度は 年で倍増し、それに反比例 1 第 世代インテル プロセッサー 2 ® Core™ プロセッサー Itanium® して製造コストは減少する」と予測したゴードン・ムー 100,000,000 アの論文を掲載しました。後に「ムーアの法則」として プロセッサー Pentium® 4 プロセッサー Pentium® III 10,000,000 知られるこの予測は、世界中に技術の浸透をもたらし、 プロセッサー Pentium® プロセッサー Pentium® 今日、急速な技術的進展を表す代名詞にもなりました。 プロセッサー Intel486™ DX 1,000,000 ムーアは 年、「チップに集積されるトランジスター 1975 プロセッサー Intel386™ 80286 100,000 数は約 年ごとに倍増する」と予測を修正し、現在もこ 2 8086 の法則は有効性を保っています。ムーアの法則は、チッ 10,000 8080 プの複雑さの増加(コンピューター・チップ上に搭載さ 8008 4004 れるトランジスターの数)に関する予測に加え、コスト 1,000 の低減についても示唆しています。半導体製品は、性 1970 1980 1990 2000 2010 能の向上とともに製造コストが指数関数的に低下する ため、より多くの強力な半導体製品が私たちの生活の なかで利用されるようになりました。 トランジスター数 10,000,000,000 チックタック戦略 チック プロセス マイクロアーキテクチャー名 プロセッサー名 / / / プロセッサー Xeon® E7 1,000,000,000 タック 技術 開発コード名 開発コード名 第 世代インテル プロセッサー 2 ® Core™ インテルは、次世代のシリコン技術と新しいマイクロプ プロセッサー Itanium® インテル マイクロアーキテクチャー インテル プロセッサー チック ® Core™ ® Core™2 Duo 100,000,000 45nm ロセッサー・アーキテクチャーを交互に刷新する「チック タック プロセッサー Pentium® 4 Nプロセッサーehalem* Pentium® クIIIチャー マイクロアーキテ インテル プロセッサー インテル® ® Core™ i7/i5/i3 チック タック戦略」に基づき、業界の技術革新サイクルを加速 10,000,000 プロセッサー Pentium® 32nm プロセッサー Pentium® 第 世代インテル® 2 Core™ i7/i5/i3 させます。チックタック戦略は、今日の最先端技術の創 タック プロセッサー Intel486™ DX プロセッサー 1,000,000 マイクロアーキテクチャー インテル® 出に加え、急速な技術革新サイクルのもと継続的に先 Sandy Bridge* 第 世代インテル® 3 Core™ i7/i5/i3 プロセッサー Intel386™ チック 80286 進技術を誕生させるエンジンとなります。最新技術の性 100,000 プロセッサー 22nm 8086 タック Haswell* 能をいち早くメインストリームへと普及させるインテルの インテル®マイクロアーキテクチャー 10,000 Haswell* チック 革新的なエンジンと製造能力に、世界中の顧客やコン 8080 将来のプロセッサー 14nm 8008 4004タック 将来のマイクロアーキテクチャー ピューター・ユーザーが期待を寄せています。 1,000 開発コード名 * 1970 1980 1990 2000 2011 製造能力 ミリ・ウエハー対応 ファブ・ネットワーク 300 インテルは、 時間 日体制で稼動する半導体製 24 365 造施設(前工程施設、通称“ファブ”)を世界中に有して 名称(地域) 竣工時期 Read the full インテルの歩み 1968年~ 2013年.

関連ビデオ