• <Intel.co.jp のその他の情報

さらに高いパケット・スループットでのワークロード統合

通信インフラストラクチャー向けのインテル® プラットフォーム

 

Intel プラットフォーム通信

ネットワーク化された機器の数は、2015 年までに世界人口の 2 倍になると予測されています。様々な機器から瞬時にインターネットにアクセスするという消費者の期待が高まる中、インテルはグローバルな通信およびテレコム業界と協力し、機会を実現化させ、未来のネットワークから生まれる課題に取り組んでいます。

プラットフォームの概要

インテルの次世代通信プラットフォームは、ワークロードの統合を主眼として設計されており、アプリケーション、制御プレーン、データプレーンを非常に高いスループットで同時に実行できます。

インテル® QuickAssist テクノロジー

このプラットフォームは、バルク暗号化、データ圧縮などのワークロードを高速化するソフトウェアおよびハードウェア・モジュールのセットである Intel® QuickAssist テクノロジーを統合します。この高速化機能には、業界標準のアプリケーション・プログラミング・インターフェイス (API) の統一セットを通じてアクセスします。このセットにより、複数のアクセラレーター実装中を通じて一貫した慣例およびセマンティックスを提供し、将来にわたってソフトウェアへの投資を活かすことができます。

インテル® データプレーン開発キット

このプラットフォームの驚異的なパケット処理は主にインテル® データプレーン開発キットで利用できるパフォーマンス最適化ライブラリーによるものです。この開発キットは、インテル・プロセッサーのパケット処理を高速化してスループットを引き上げる働きをします。

詳しくはこちら