• <Intel.co.jp のその他の情報
Masthead Light

ワイヤレス・コア・ネットワーク

ソフトウェア定義ネットワーク (SDN) とネットワーク機能の仮想化 (NFV) への変化に伴い、ネットワーク・インフラストラクチャーには、複数の導入モデルにおいて拡張できる柔軟性を備えながら抜群のパフォーマンスも実現するソリューションが必要です。インテル® アーキテクチャーをベースとするプラットフォームは、アプリケーション、制御、データプレーンのワークロードの単一アーキテクチャーにより、アプリケーション導入を簡略化し、パフォーマンスを犠牲にすることなく開発期間を短縮します。インテル® データプレーン開発キット、インテル® QuickAssist テクノロジー、HyperScan などの構成要素は、SSL、IPsec、圧縮、DPI のワークロードのスループットを最適化しながら、物理的な導入と仮想的な導入における拡張性も最大限に高めます。

開発期間の短縮の達成

また、インテル® のプラットフォームは開発とテストの効率化をもたらすため、ネットワーク機器のプロバイダーやオペレーターはコストを削減して開発期間を短縮でき、エンドユーザーへのサービスを向上できます。

ホワイトペーパー: Manage bandwidth and increase revenue using existing equipment (既存の機器を使用した帯域幅の管理と収益の拡大) >

容易な相互運用と柔軟な再構成

インテルのプラットフォームにより、ネットワーク機器のプロバイダーやオペレーターは、ネットワーク機能やサービスを容易に再構成し、電力管理を簡易化し、ロード・バランシングを最適化する柔軟性を得ることができ、運用コストを最小限に抑えることができます。

NEC の仮想化 EPC*

NEC はインテル® のアーキテクチャー・サーバー・プラットフォーム上で実行される LTE* EPC (Evolved Packet Core) ネットワーク全体を開発して、主要産業によるインテルの 4:1 ワークロード統合戦略のサポートを実証しています。

ホワイトペーパー: EPC innovation overcomes network virtualization challenges (EPC の革新がネットワーク仮想化の課題を解消) >

その他のリソース

エンドツーエンドの NFV-vEPC サービス・オーケストレーション — オーケストレーション・ソフトウェアは、オペレーターにより資金提供された ETSI NFV ISG 概念実証フレームワークに準拠するとして正式に受け入れられた、この仮想化 EPC (Evolved Packet Core) ソリューションにおけるプロビジョニングとサービス提供を自動化します。

通信ネットワークにおけるネットワーク機能の仮想化のメリットを実現 – 標準的なインテル® サーバー・ハードウェアは、商用およびオープン・ソース・ソフトウェアと組み合わせて、LTE 無線アクセス・ネットワークと EPC をカバーすることで、継続的なネットワークの進化という課題に対処して NFV の可能性をすべて引き出す ETSI NFV リファレンス・アーキテクチャーの一部として使用できます。 

詳しくはこちら

インテル® エンベデッド・デザイン・センター

インテリジェント・システム開発者向けのツール、コンテンツ、サポート

サイトにアクセスする >

ディスカッション