• <Intel.co.jp のその他の情報
Masthead Light

SDN および NFV に基づくネットワークの変革

ワイヤレス・ネットワークにさらに優れた柔軟性と拡張性をもたらす

通信業界は、2011 ~ 2016 年にかけてワイヤレス・ネットワークのトラフィックの 10 倍の増加に直面します。サービス・プロバイダーは、資本および運営費用を厳しく管理しながら、これまで以上に効率的にネットワークを拡張し、高品質の操作性と収益を増加するサービスを提供する必要があります。インテルでは、このような課題を満たすために設計された、柔軟で拡張性の高いソリューションを提供しています。

ソフトウェア定義のネットワーク (SDN) のビデオを見る >

SDN および NFV に基づくオープンで簡素化されたネットワーキング

ソフトウェア定義のネットワーク (SDN) とネットワーク機能の仮想化 (NFV) により、量産標準品のサーバー、スイッチおよびストレージ上でネットワーク機能を統合することが可能となり、設備費用と運用コストの削減、新しいサービスの導入まで時間の短縮につながっています。 

SDN と NFV により柔軟なネットワーク・.アーキテクチャーが可能となり、ネットワーク運営者がより素早く経済的に、発展し続ける市場に反応できるようになります。

ネットワークの変革概要を読む >

オープンで簡素化されたネットワーキングの詳細を読む >

インテル® アーキテクチャーを使用した SDN および NFV の実装

ネットワーク事業者、TEM および ISV は、インテルが提供するオープンソース API とリファレンス・デザインを使用して、ソフトウェアに重点を置くネットワークの開発を迅速化できます。

SDN と NFV の実装方法について読む >

『Enhancing the SDN Orchestration Layer』(SDN オーケストレーション・レイヤーの強化)

この資料では、ノード・プラットフォームの機能に関する詳細情報をオーケストレーション・レイヤーに提供することで、仮想マシン (VM) のパフォーマンスを改善する方法について説明します。

SDN オーケストレーション・レイヤーについて確認する >

キャリア・クラウド・テレコムにおける EPC (Evolved Packet Core) の運用

この文書では、通信ネットワークに仮想化と SDN を展開するうえでの課題を説明しています。キャリア・クラウド・テレコム(Carrier Cloud Telecoms)とは、通信分野におけるクラウド実現の中心となる研究開発上の重要課題と考えられ得るアプローチに、Intel と Tieto* が共同で取り組むプログラムです。

サービスを意識したネットワークの構築方法 >

通信ネットワークでの仮想化と SDN の展開について >

SDN がどのようにキャリア環境を変化させるかをご覧ください >

NFV と SND のための共同ハードウェアとソフトウェア・プラットフォームについて >

通信ネットワークにおける NFV のメリットを実現 >

詳しくはこちら

ソリューション概要

インテル® アーキテクチャーの柔軟性と拡張性が、どのように加入者の体験を改善し、ネットワークの複雑性を軽減し、そして資本コストや運用コストを削減するかをご覧ください。

ソリューション概要を読む >