ビッグデータとは?

プロジェクトの開始に役立つ実践的な情報とリソース

インターネットのユーザー間やマシン・ツー・マシンなど、より多くの膨大なデバイスが接続され、データ量が急激に増えています。この膨大なデータを活用できる企業は、自社を差別化し、競合他社に大きな差をつけることができます。

ビッグデータを活用するには、ほぼ制限なく拡張することができ、ニーズの変化に迅速に対応できる情報インフラストラクチャーが必要です。そのためには、より柔軟で、よりオープンな分散コンピューティング環境を構築しなければなりません。

インテルはビッグデータを活用する企業のために、次のようなサポートを提供します。

  • 安全性、信頼性、データ保全性のために、シリコンに組み込まれたハードウェア・ベースのサポート
  • 最適化されたソリューションの豊富な選択肢
  • 導入を簡単にするための、詳細な技術リソース
  • 業界標準のサーバーと Apache* Hadoop* フレームワークを基盤とする分散型ビッグデータ・ソリューション

まず、次の 3 つのリソースを使ってビッグデータを学びましょう。または、以下にある、インテル IT 部門のベスト・プラクティス、ケーススタディー、インフォグラフィック、ソリューション概要、ホワイトペーパー、ビデオを参照してください。

ビッグデータとは何か? なぜ注目されるのか?

革新的なテクノロジーの登場により、企業の IT 部門は、ビッグデータ分析でビジネスに関わる非常に高度な知見・洞察を導き出すことが可能になり、競争力の大幅な強化に貢献できるようになりました。

ビッグデータ 101 のビデオ (4 分 33 秒) を見る >

ビッグデータ分析のインフォグラフィック:Apache* Hadoop* によるビッグデータの活用

Apache* Hadoop* によるビッグデータの活用

次の簡単な手順に従って、ビッグデータへの取り組みを始めましょう。

インフォグラフィックを見る >

Apache* Hadoop* フレームワーク

Apache* Hadoop* フレームワークとは

Apache* Hadoop* は、非構造化データ分析の最善の方法として広く使われているオープンソースのフレームワークです。シンプルなプログラミング・モデルを使用して、コンピューター・クラスター上で大規模なデータセットを分散処理することができます。

コミュニティーのエキスパートから Apache* Hadoop* のしくみを学ぶ (英語) >

関連ビデオ