• <Intel.co.jp のその他の情報

Intel® Xeon® Processor E3-1200 v3 Product Family

Entry workstation

Intel® Xeon® processor

The Intel® Xeon® processor E3-1200 v3 product family-based workstation delivers visual performance for graphics-intensive applications.

SPECapc* for PTC Creo* 2.0

SPECapc* for PTC Creo* 2.0 provides eight workflows that exercise all aspects of system performance when running the popular application. Composite scores are generated for graphics, shaded graphics, wireframe graphics, CPU, and I/O performance. Application workflows for the world car model pictured below include world car graphics, world car regeneration, world car retessellation, world car mass properties, world car load/erase/load, world car body graphics, Initial Graphics Exchange Specification (IGES) import and export, and engine new drawing.

PTC contributed the model, and SPECapc tested and prepared the benchmark, making maximum use of new functionality in Creo 2.0.

Intel estimated as of April 2014

システム構成の詳細

 

SPECapc for PTC Creo 2.0

Baseline configuration: Intel® C216 chipset-based Intel® Xeon® processor-based workstation platform with one Intel Xeon processor E3-1275 v2 (quad-core, 3.5 GHz, 8M cache), ACRVMBY1.86C.0096.P00 September 9, 2012, Intel® Hyper-Threading Technology (Intel® HT Technology) best configuration, 8 GB memory (2 x 4 GB DDR3-1600 ECC UDIMM), Intel® HD Graphics P4000 with driver 2712, 2 TB 7200RPM SATAIII HDD (WD2000FYYZ), Microsoft Windows* 7 Service Pack 1. Source: Intel internal testing as of April 2013.

New configuration: Intel C226 chipset-based Intel Xeon processor-based workstation platform with one Intel Xeon processor E3-1286 v3 (quad-core, 3.7 GHz, 8M cache), BDW-E1R1.86C.0064.R01.1402210557, Intel HT Technology best configuration, 16 GB memory (4 x 4 GB DDR3-1600 ECC UDIMM), Intel HD Graphics P4600 and 4700 with driver 3496, Intel® SSD 530 Series, Microsoft Windows 7 Service Pack 1. Source: Intel internal testing as of April 2014. 

Additional information: 1' 2' 3' 4' 5

 

免責事項

open

1. 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.com/jp/performance/ を参照してください。

2. インテルは、本資料で参照しているサードパーティーのベンチマークまたは Web サイトの設計や実装について管理や監査を行っていません。本資料で参照している Web サイトまたは類似の性能ベンチマークが報告されているほかの Web サイトも参照して、本資料で参照しているベンチマークが購入可能なシステムの性能を正確に表しているかを確認されるようお勧めします。

3. インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、www.intel.com/content/www/us/en/processors/processor-numbers.html を参照してください。

4. インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。 本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。 注意事項の改訂 #20110804

5. SPEC* およびベンチマーク名の SPECint*、SPECfp*、SPECjbb*、SPECjEnterprise*、SPECvirt_sc*、SPECpower_ssj*、SPECompM*、SPECompL* は、Standard Performance Evaluation Corporation の登録商標です。