Intel® Xeon Phi™ Product Family

Highly parallel processing to power your breakthrough innovations

Intel® Xeon Phi™ Coprocessor

Power your breakthrough innovations with the highly parallel processing of the Intel® Xeon Phi™ coprocessor. We have packed over a teraFLOPS of double-precision peak performance into every chip.

Weather

The weather vertical needs an tremendous amount of compute capabilities to accurately predict weather all over the world, including the formation of tornados, the direction of a hurricane, and rain fall predictions. Weather Research and Forecasting (WRF) is one of the more frequently used weather simulation packages.

Intel Measured as of May 2014

システム構成の詳細

WRF v3.5.1:

Hardware: Two-socket server with Intel® Xeon® processor E5-2697 v2 (12C, 2.7 GHz, 130W), each node equipped with one Intel® Xeon Phi™ coprocessor (7120 c0, 61 core, 1.238 GHz, 16 GB at 5.5 GT/s) in a four-node Fourteen Data Rate (FDR) cluster.

WRF is available from the US National Center for Atmospheric Research in Boulder, Colorado; it is available from http://www.wrf-model.org/.

Intel® Manycore Platform Software Stack (Intel® MPSS) 6720-16, Compiler rev 192, Intel® MPI Library rev 3.6

WRF CONUS2.5km workload available from www.mmm.ucar.edu/wrf/WG2/bench/.

Performance comparison is based upon average timestep. We ignore initialization and post simulation file operations.

Conus2.5km run ATS KNC "Profit" % 4x12x2-20+0x0x0-0 2.224642 4x12x2-20+4x8x30-30 1.425497 56.06079844

Modifications: -DINTEL_ALIGN64 - removed from AVX version; -fp-model fast=1 -> fast=2         

1x12x2-20+1x8x30-30

1    2   3   4   5   6   7    8

For the equation above, 1 corresponds to the first number in the equation, 2 corresponds to the second, etc. Below is the legend for what each number represents.

1 number of nodes

2 number of ranks on the host

3 number of omp threads/rank

4 number of tiles

5 number of knc cards

6 number of mpi ranks/card

7 number of omp threads/rank

8 number of tiles

Source:  Intel Internal Testing TR2054

Additional information: 1 2 3 4 5

免責事項

open

1. 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.com/jp/performance/ を参照してください。

2. インテルは、本資料で参照しているサードパーティーのベンチマークまたは Web サイトの設計や実装について管理や監査を行っていません。本資料で参照している Web サイトまたは類似の性能ベンチマークが報告されているほかの Web サイトも参照して、本資料で参照しているベンチマークが購入可能なシステムの性能を正確に表しているかを確認されるようお勧めします。

3. インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、www.intel.com/content/www/us/en/processors/processor-numbers.html を参照してください。

4. インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。 本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。 注意事項の改訂 #20110804

5. ハードウェア・アーキテクチャーの違いにより、異なるソースコードが必要になる場合もあります。結果は、すべてのアーキテクチャーで実行し、同等の作業を実施するように最適化されたコードを使用するインテルのベストエフォートに基づいています。今後行われるコードの最適化により、結果が異なる可能性があります。 本製品のマイクロプロセッサー固有の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を目的としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。 注意事項の改訂 #20110804