ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

Intel® Xeon Phi™ Product Family

Power your breakthrough innovations with the highly parallel processing of the Intel® Xeon Phi™ coprocessor. We have packed over a teraFLOPS of double-precision peak performance into every chip.

Energy Application Performance

Companies in the business of delivering energy solutions use a tremendous amount of compute power to simulate and predict the location of energy resources. Careful analysis through simulation is critical to ensure positive results. Oil and gas companies are among those who use many specific seismic imaging software packages to predict the location of energy resources, including 3D-finite dimensional (3DFD) and 3D-reverse time migration (RTM) simulations.

Developer starter kits ›

Configuration Details:

Intel measured as of December 2014

Seismic Imaging ISO-3DFD (Version 1.1 with Dev09 FD kernel) (16th order 3D space and 2nd order time)

Platform Hosting the Coprocessor & platform for 2S Intel® Xeon® processor Baseline:

Two-socket Intel Software Development Platform: 2x Intel Xeon processor E5-2697v2 (12Core, 30M cache, 2.7GHz, 8.0GT/s Intel QPI, 130W TDP, Intel Turbo Boost Technology on) 64GB Memory @ 1866MHz, RHEL 6.4

Coprocessor Details:

Intel® Xeon Phi™ coprocessor 7120A: 61cores, 1.238GHz, 16 memory channels, 16GB Memory@5.5GT/s, 300W TDP C-step (Intel Turbo Boost Technology off, ECC off)

Software Stack (Xeon Phi):

MPSS 2.1.6720-19 (Flash: 2.1.03.0386; coprocessor OS: 2.6.38.8-gefd324e)

Intel® C++ compiler 14.0.2/144, Intel MPI 4.1.1.036

Two-socket Intel Xeon Score: 3951.7 Mpoints/s

Xeon Phi Score: 9297.52 Mpoints/s

Source: Intel Internal Testing TR2089A

 

Seismic Imaging 3DFD TTI 3-Proxy (code version = v2)

Platform Hosting the Coprocessor & platform for 2S Intel® Xeon® processor Baseline:

2 Socket Intel Software Development Platform: 2x Intel Xeon processor E5-2697v2 (12Core, 30M cache, 2.7GHz, 8.0GT/s Intel QPI, 130W TDP, Intel Turbo Boost Technology on) 64GB Memory @ 1866MHz, RHEL 6.4

Coprocessor Details:

Intel® Xeon Phi™ coprocessor 7120A: 61cores, 1.238GHz, 16 memory channels, 16GB Memory@5.5GT/s, 300W TDP C-step (Intel Turbo Boost Technology off, ECC off)

Software Stack (Xeon Phi):

MPSS 2.1.6720-19 (Flash: 2.1.03.0386; coprocessor OS: 2.6.38.8-gefd324e)

Intel® Composer XE 14.0.0 (build 20130728)

Two-socket Intel Xeon Score: 776 Mcells/s

Xeon Phi Score: 955 Mcells/s

Source: Intel Internal Testing TR2090

 

Petrobras ISO-3D RTM (Code Version 1.0 dev08)

Platform hosting the coprocessor and platform for two-socket Intel® Xeon® processor Baseline:

Two-socket Intel Software Development Platform: two Intel Xeon processor E5-2697v2 (12Core, 30M cache, 2.7GHz, 8.0GT/s Intel QPI, 130W TDP, Intel Turbo Boost Technology on) 64GB Memory at 1866MHz, RHEL 6.4

Coprocessor Details:

Intel® Xeon Phi™ coprocessor 7120A: 61cores, 1.238GHz, 16 memory channels, 16 GB Memory at 5.5GT/s, 300W TDP C-step (Intel Turbo Boost Technology on, ECC on)

Software Stack (Xeon Phi):

MPSS 2.1.6720-19 (Flash: 2.1.03.0386; coprocessor OS: 2.6.38.8-gefd324e)

Intel® Composer XE 14.0.0 (build 20130728), Intel MPI 4.1.1.036

Two-socket Intel Xeon Score: 4.3 Gsamples/s

Two-socket Intel Xeon + 1 Xeon Phi Score: 9.4 Gsamples/s

Two-socket Intel Xeon + 2 Xeon Phi Score: 14.6 Gsamples/s

Two-socket Intel Xeon + 3 Xeon Phi Score: 19.7 Gsamples/s

Two-socket Intel Xeon + 4 Xeon Phi Score: 23.7 Gsamples/s

Source: Intel Internal Testing TR2091

Additional information: 1 2 3 4 5

関連ビデオ

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.com/jp/performance/ を参照してください。

2

インテルは、本資料で参照しているサードパーティーのベンチマークまたは Web サイトの設計や実装について管理や監査を行っていません。本資料で参照している Web サイトまたは類似の性能ベンチマークが報告されているほかの Web サイトも参照して、本資料で参照しているベンチマークが購入可能なシステムの性能を正確に表しているかを確認されるようお勧めします。

3

インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、www.intel.com/content/www/jp/ja/processors/processor-numbers.html を参照してください。

4

インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。

本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。

注意事項の改訂 #20110804

5

ハードウェア・アーキテクチャーの違いにより、異なるソースコードが必要になる場合もあります。結果は、すべてのアーキテクチャーで実行し、同等の作業を実施するように最適化されたコードを使用するインテルのベストエフォートに基づいています。今後行われるコードの最適化により、結果が異なる可能性があります。

本製品のマイクロプロセッサー固有の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を目的としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。

注意事項の改訂 #20110804