• <Intel.co.jp のその他の情報

インテル・パフォーマンス: ベンチマークの限界

ベンチマークやパフォーマンス・テスト (以下「ベンチマーク」) は、プロセッサーやシステムのパフォーマンスをさまざまな角度から測るものです。マイクロプロセッサーやパーソナル・コンピューターなど複雑な装置の性能を、単一の数値測定で十分に評価することはできませんが、さまざまなコンポーネントやシステムを比較する場合にベンチマークは便利なツールとなります。ただし、システムの性能を正確に測るには、実際に使用するコンピューター・システムで、実際に使用するソフトウェア・アプリケーションをテストする以外に方法はありません。インテルが公開しているベンチマークの結果は、特定のシステムやコンポーネントを特定のハードウェア/ソフトウェア構成で使用した場合の数値であり、コンポーネントやシステムの構成 (ソフトウェアも含む) によって、実際のパフォーマンスは異なります。

ベンチマークには、コンポーネントを対象としたものと、システムを対象としたものの 2 種類があります。コンポーネント・ベンチマークでは、マイクロプロセッサーやハードディスク・ドライブといった、コンピューター・システムを構成するパーツのパフォーマンスが測定され、システム・ベンチマークでは通常、コンピューター・システム全体のパフォーマンスが測定されます。どちらの場合も、実際のパフォーマンスとベンチマークのパフォーマンスにはほぼ間違いなく差が出ますが、これにはいくつもの理由があります。まず、個々のコンポーネントのテストは、完全なコンピューター・システムを使用して行われるため、システムの設計や構成の違いといった、ベンチマークの結果を大きく左右する要素を常に排除できるとは限りません。例えば、システムベンダーが販売するシステムのディスク性能やスピード、システムメモリー、システムバス、ビデオやグラフィックスの機能はさまざまであり、こうした要素がシステム・コンポーネント (マイクロプロセッサーなど) やコンピューター・システムの実際のパフォーマンスはもちろん、ベンチマークの結果にも大きく影響することになります。また、オペレーティング・システムやコンパイラなどのソフトウェアが変われば、コンポーネントやシステムのパフォーマンスも変わってきます。さらに、ベンチマーク・テストは通常、特定のコンピュータ・アプリケーションの典型的な動作状況を再現するように開発されていますが、実際に使用するアプリケーションがそれと同種のものとは限りません。

ベンチマークは、製品を購入する際に参考となる情報の 1 つにすぎません。購入を考えているコンポーネントやシステムの実際のパフォーマンスを評価するには、購入を検討しているシステムそのもののパフォーマンス情報など、他の情報も参考にする必要があります。インテル・マイクロプロセッサーのパフォーマンスについては、詳細をまとめたインテルのパフォーマンス・ブリーフやレポートをご覧になるか、(米国) 1-800-628-8686 または 916-356-3104 までお問い合わせください。

SPECint および SPECfp ベンチマーク・テストは、処理負荷の高い 32 ビット・アプリケーションでコンピューター・システムのマイクロプロセッサー、メモリー・アーキテクチャー、コンパイラーが発揮するパフォーマンスを反映しています。SPEC ベンチマークでのインテル® マイクロプロセッサーのテスト結果は、適切に構成された特定のシステムを使用して測定されています。このテスト結果は、ハードウェアまたはソフトウェアの設計や構成(コンパイラーも含む)が異なるシステムでの、インテル® マイクロプロセッサーの相対的なパフォーマンスを反映していない場合があります。システムの購入を検討される場合は、システム・ベンチマークを含むほかの情報も参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。テストに使用したシステムを含む SPEC の詳細や、マイクロプロセッサーおよびシステムのパフォーマンス、ベンチマークに関する情報は、インテルの Web サイト http://www.intel.com/ をご覧になるか、(米国) 1-800-628-8686 までお問い合わせください。

性能に関するテストや評価は、特定のコンピューター・システムもしくはコンポーネント、またはそれらを組み合わせて行ったものであり、このテストによるインテル製品の性能の概算の値を表しているものです。システム・ハードウェア、ソフトウェアの設計、構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。

 

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。