• <Intel.co.jp のその他の情報

Desktop Performance: Intel® Core™ i7-4960X Processor Extreme Edition

Latest Intel® Core™ processor Extreme Edition compared to prior generation

Core i7 extreme edition

With a killer combination of smart features including Intel® Turbo Boost Technology 2.01, Intel® Hyper-Threading Technology2, and overclocking, the Intel® Core™ i7 processor Extreme Edition is flexible and devastatingly powerful.  With the Intel® Core™ i7 processor Extreme Edition, you can not only dominate your gaming competition with an unlocked, unleashed, and uncompromised processor, but also have unparalleled performance for unlimited digital creativity3. Experience the power you need to optimize your workflow and maximize productivity with the ultimate PC processor—because the only thing more amazing than Intel® technology is what you’ll do with it.

 

Intel® Core™ processor performance related link

> See how the 4th gen. Intel® Core™ processor based desktop PC compared to prior generation

Extreme performance for enthusiasts

Additional information: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

免責事項

open

1. インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

2. 一部のインテル® Core™ プロセッサーで利用できます。インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー) を利用するには、同技術に対応したシステムが必要です。各 PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html を参照してください。

3. 警告: 動作周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合、以下の事態が生じるおそれがあります。(i) システムの安定性が低下し、システム、プロセッサー、他のシステム・コンポーネントの耐用年数が短くなる。(ii) プロセッサーや他のシステム・コンポーネントの故障の原因となる。(iii) システム性能が低下する。(iv) 発熱の増加およびその他の損傷の原因となる。(v) システムのデータ保全性に影響を与える。インテルでは、仕様の枠を超えたプロセッサーの動作についてはテストしておらず、保証も行いません。インテルでは、業界標準仕様の枠を超えた他のシステム・コンポーネントの動作についてはテストしておらず、保証も行いません。クロック周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合を含め、インテルはプロセッサーや他のシステム・コンポーネントの特定目的への適合性に関して一切の責任を負いません。

4. Measured using SPECint*_base2006, a compute-intensive integer benchmark sensitive to CPU, memory, and compiler settings. SPECfp_base2006* improvement for latest generation over prior generation is 5 percent.

5. Measured using SPECfp*_rate_base2006, a compute-intensive floating point benchmark sensitive to CPU, memory, and compiler settings. SPECint_rate_base2006* improvement for latest generation over prior generation is 6 percent.

6. Measured using 3DMark* Fire Strike* physics score Performance preset, a 3-D graphics benchmark that measures gaming performance. Find out more at www.futuremark.com. 

7. Measured using CINEBENCH* 11.5 1 CPU, a platform test suite that evaluates compute-intensive PC performance by rendering a photorealistic 3-D scene. Find out more at www.maxon.net. CINEBENCH 11.5 X CPU improvement for latest generation over prior generation is 6 percent.

8. PCMark* 7 を使用して測定。PCMark* 7 には、多様なテストスイートがあり、システムの性能をさまざまな角度から測定できます。各テストスイートは、小さな個別のワークロード・テストを組み合わせて構成されています。PCMark* テストスイートは、一般的な PC 用途でのシステム性能を測定するワークロードを組み合わせたものです。詳細については、http://www.futuremark.com/ (英語) を参照してください。

9. Measured using SYSmark* 2012 Media Creation - a system level performance benchmark that measures and compares PC performance using real world applications for the enterprise and office productivity space. Find out more info at www.bapco.com. SYSmark 2012 overall score improvement for the latest generation over prior generation is 5 percent.

10. 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.com/jp/performance/ を参照してください。