• <Intel.co.jp のその他の情報
Masthead Light

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー

デバイスの問い合せ、復元、アップグレード、保護をリモートから実行

効率と効果を自動的に向上

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) に統合されたプラットフォーム機能と一般的なサードパーティー製のマネジメント / セキュリティー・アプリケーションを組み合わせることにより、IT 部門やマネージド・サービス・プロバイダーは、ネットワーク上のコンピューティング資産の検出、障害回復、保護をより簡単に行えます。インテル® AMT によって IT 部門やマネージド・サービス・プロバイダーは、プラットフォーム全体で同じインフラストラクチャーとツールを利用して、PC 資産だけでなくワークステーションやエントリーサーバーについても管理と障害回復を行えるため、一貫した管理環境が実現します。組み込み機器の開発者にとって、対象機器をリモートで診断 / 修復できるということは、IT サポートコストを削減できることを意味します。インテル® AMT は、インテル® vPro™ テクノロジー1,2 を搭載したインテル® Core™ プロセッサー、および一部のインテル® Xeon® プロセッサーを搭載したワークステーション・プラットフォームで利用できる機能です。

IT 部門とインテリジェント・システムが直面する課題の解決策

インテルの設計チームは、資産管理の効率化、ダウンタイムの削減、デスクサイド・サポートの最小化という課題を解決するためにはプラットフォーム・アーキテクチャーの強化が最適であると判断し、こうしたニーズをサポートするために以下のような機能と利点を採用しました。

アウトオブバンド (OOB) のシステムアクセス

インテル® AMT では内蔵されたハードウェア・ベースの管理機能により、IT 部門はプラットフォームの電源が入っていない場合でも資産を検出することができます。1,2

リモートからのトラブルシューティングと回復

KVM (キーボード・ビデオ・マウス) リモート制御3 をはじめとする各種のアウトオブバンド管理機能により、IT 部門は OS に障害が発生した後でもリモートからシステムを修復および回復することができます。また、アウトオブバンドのアラート送信機能のイベントログ機能は、ダウンタイムの削減に役立ちます。

ハードウェアによるエージェント動作チェック

企業資産を確実に保護するため、ハードウェア・ベースのエージェント動作チェック機能により、ソフトウェア・エージェントの実行の有無が予防的に検出されます。エージェントが実行されていない場合は、管理コンソールにアラートが送信されます。

予防的なアラート送信

インテル® AMT のシステム・ディフェンス・マネージャーは、脅威を予防的に封じ込め、ウイルスに感染したクライアントをネットワークに悪影響を与える前に隔離し、重要なソフトウェア・エージェントが削除された場合には IT 部門にその旨を通知します。

リモートのハードウェアおよびソフトウェアの追跡

企業全体のソフトウェアとウイルス対策を常に最新状態に保てるように、インテル® AMT では、サードパーティー製ソフトウェアを使用して就業時間外にバージョン番号やポリシー・データを不揮発性メモリーに保存できます。

拡張された機能

Microsoft* Windows* PowerShell* 向けインテル® vPro™ テクノロジー・モジュールにより、IT 部門はインテル® AMT の運用機能に直接アクセスし、Windows* PowerShell* のスクリプトを用いて、既存の管理コンソールでは利用できない機能を利用できます。例えば、リモートからアラーム時計の設定を実行できます。

効率と効果の向上

Windows* PowerShell* スクリプトは、既存の各種ツールをシームレスに統合します。これにより IT 部門は、インテル® vPro テクノロジーに対応した管理対象のクライアントおよびワークステーション、ならびにインテル® AMT に対応したエントリーサーバーに対して、インテル® AMT のコマンドを素早く簡単に実行できます。

インテリジェント・システムにおけるインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー

倉庫で die-namic 映像を操作する男性

産業用システム

工業用ロボットや各種産業用システムには、多くの場合、バラバラのプラットフォームが搭載されています。このため、ハードウェアやソフトウェアの情報を手動で追跡し、ソフトウェアやポリシー、ライセンスを最新の状態に維持するのは困難で、時間のかかる作業となっています。IT 担当者は、OS やプラットフォームの構成に関係なく、1 つの管理コンソールから工場システムの問い合わせ、更新、インベントリーを行うことができます。ハードウェアやソフトウェアの情報はシステムの不揮発性メモリーにあり、そのマシンの状態に関係なく、コンソールによるアクセスが可能となっています。

開発ツール、技術情報、その他の産業用オートメーション向けリソースについては、インテル® エンベデッド・デザイン・センターをご覧ください >

対話型小売システムでネクタイを選ぶ男性

小売システム

ほとんどの小売店は、閉店時には電力節減のためにシステムの電源を切りますが、システムを稼動していない時間に合わせてソフトウェアや更新データを送信する IT 部門のため、電源を切らない小売店も多いものです。インテル® AMT に基づくリモート管理ソフトウェアを使用すると、IT 部門はシステムの構成変更や閉店時のシステム電源の遮断を行えるほか、IT 担当者がアクセスを必要とするときに電源を入れることもできます。インテル® AMT は、インテル® プロセッサーの優れた省電力機能と組み合わせることで、大幅なコスト削減と環境保護を実現できるため、組み込み機器の開発者にとっても要注目の機能といえます。

小売アプリケーション開発者向けのリソースを閲覧するには、インテル ® エンベデッド・デザイン・センターをご覧ください >

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー

インテル® エンベデッド・デザイン・センター

組み込み機器設計者向けの詳細な技術情報、ツール、コミュニティー・リソースをご活用ください。

インテル® エンベデッド・デザイン・センターに移動 >

免責事項

open

1. インテル® vPro™ テクノロジーは高度な機能であり、利用するにはセットアップと有効化を行う必要があります。利用できる機能と得られる結果は、ハードウェア、ソフトウェア、IT 環境のセットアップと構成によって異なります。詳細については、 http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/vpro/vpro-technology-general.html を参照してください。 

2. インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) に対応したチップセット、ネットワーク・ハードウェア、ソフトウェアを搭載し、インテル® AMT の機能が有効化されたシステムが、企業 LAN に接続されている必要があります。ノートブック PC の場合、ホスト OS ベースの VPN 上や、ワイヤレス接続時、バッテリー駆動時、スリープ時、ハイバネーション時、電源切断時には、インテル® AMT を利用できないことや、一部の機能が制限されることがあります。実際の結果はハードウェア、セットアップ、構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.com/technology/vpro/index.htm (英語) を参照してください。

3. リモート KVM (キーボード、ビデオ、マウス) 制御を利用できるのは、インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリー、インテル® Core™ i5 vPro™ プロセッサー、インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサーでインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーを有効化して設定し、インテグレーテッド・グラフィックスを使用した場合のみです。ディスクリート・グラフィックスはサポートされません。