組み込み型のワンタイム・パスワード (OTP)

組み込み型のワンタイム・パスワード (OTP)

Web サイトでのシームレスなユーザー認証と安全な VPN アクセス

2 要素認証では、ユーザーがすでに知っている情報と、ユーザーが保有している何らかの情報を組み合わせたワンタイム・パスワード (OTP) が使用されます。従来の運用方法では、前者にユーザー名とパスワードが、後者に短期間だけ有効で、オンデマンドで利用可能なトークンまたはキーフォブ (6 桁の数値) が採用されています。

2 要素認証をすでに使用しているユーザーの多くが、トークンの使い勝手や持ち運びに関してさまざまな不満を感じています。また、紛失・破損したトークンの交換や、ユーザーによる OTP の入力ミスなどは、ヘルプデスクと IT 部門を悩ませる原因にもなっています。このような課題に応えるのが、OTP 対応インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー (インテル® IPT)1 です。インテル® IPT は、組み込み型のハードウェア・トークンを提供することで、物理的なトークンを個別に用意する必要がありません。このため、2 要素認証に基づく VPN ログイン処理が簡素化され、遅延がほとんどないシームレスな運用を実現します。さらに、インテル® IPT によって、VPN 経由でアクセスしている PC が、従業員に割り当てられたものであるかどうかも確認できます。インテル® IPT に基づく利便性に優れた 2 要素認証ソリューションは、さまざまな OEM およびセキュリティー関連の独立系ソフトウェア・ベンダー (ISV) から提供されています。

サードパーティーの ISV およびインテルのパートナー (Vasco、Symantec、McAfee など) によってサポートされている認証アルゴリズムは、チップセットの内部で動作します。また、強力な認証をサポートし、検証済みの安全なサイトにコンピューターを正しく接続する役割を果たします。1

免責事項

open

1. すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるシステムはありません。インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーを利用するには、インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーに対応した第 2 世代以降のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載したシステム、および同テクノロジーに対応したチップセット、ファームウェア、ソフトウェア、インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーに対応した Web サイトが必要です。各システムメーカーにお問い合わせください。データやシステムの紛失や盗難など、サービス利用の結果生じたいかなる損害に対してもインテルは責任を負いません。詳細については、http://ipt.intel.com (英語) を参照してください。