ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー)1 は 1 つのコアで複数のスレッドを同時に実行することにより、プロセッサーのリソースをより効率的に使用します。また、プロセッサーのスループットを高め、マルチスレッド・ソフトウェアの全体的なパフォーマンスを改善します。

インテル® HT テクノロジーは、インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーとインテル® Core™ M プロセッサー・ファミリーおよびインテル® Xeon® プロセッサー・ファミリーで提供されています。これらのインテル® プロセッサーおよびチップセットのいずれかとインテル® HT テクノロジーをサポートするオペレーティング・システムおよび BIOS を組み合わせることで、次のことが可能になります。

  • 要求の高いアプリケーションを同時に実行する際も、システムの応答性を維持
  • システムの保護、効率性、および管理性を維持する際に、生産性への影響を最小限に抑制
  • 将来の成長、新しい機能やソリューションの導入に備えたヘッドルームを確保

妥協のないグラフィックス環境を実現

マルチメディアを楽しむ人たちは、インテル® HT テクノロジーを利用することで、グラフィック性能を駆使したファイルの作成や編集、エンコードしながら、ウィルス保護ソフトウェアなどのアプリケーションをバックグラウンドで実行するなど、システムのパフォーマンスを維持することができます。

より多くのタスクをこなし、ビジネスの効率化に貢献

インテル® HT テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー (または最新のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで提供されるインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.02) の両方を搭載したプロセッサーでは、さらに優れたパフォーマンスが実現し、より多くのタスクをより迅速に完了できます。両テクノロジーを組み合わせると、複数スレッドの同時処理に加えて、ワークロードに応じて性能を動的に適応させることが可能になり、アイドル状態のコアは自動的に無効になります。これにより、ビジーなコアの動作周波数を引き上げることが可能となり、マルチスレッド・アプリケーションでのパフォーマンスがさらに向上します。

インテル® HT テクノロジーは、企業に次のような利点をもたらします。

  • 動作を低速化させず、より多くの処理を同時に実行することによる生産性の改善
  • インターネットや電子商取引アプリケーションでの応答時間の短縮による、顧客体験の向上
  • 同時に処理できるトランザクション数の増加
  • 既存の 32 ビット・アプリケーションのテクノロジーを利用しながら、将来の 64 ビット対応への準備

システムの対応状況の確認

インテル® HT テクノロジーは、さまざまなノートブック PC、デスクトップ PC、サーバー、ワークステーションで利用できます。インテル® HT テクノロジーのロゴがあるシステムを探した後、そのシステムでインテル® HT テクノロジーが利用可能かどうかをシステムベンダーに確認することをお勧めします。

システム要件1

  • インテル® HT テクノロジーに対応したプロセッサー
  • インテル® HT テクノロジーに対応したチップセット
  • インテル® HT テクノロジーに対応したシステム BIOS
  • インテル® HT テクノロジーに対応/最適化したオペレーティング・システム

 

免責事項

1

一部のインテル® Core™ プロセッサーで利用できます。インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーに対応したシステムが必要です。各 PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html を参照してください。

2

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。 各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。 詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。